農地中間管理事業とは
 
 農地中間管理機構が農業経営のリタイヤ、規模縮小など農地の受け手を探している農家から農地を借り受け、農業経営の効率化や規模拡大を考えている受け手(担い手農家等)に貸し付ける制度です。

(仕組み)
 


(メリット)
 農地の出し手は、公的な機関が農地を預かりますので、安心して貸すことができます。
 また、貸付にあたっては地域の農業に配慮し、「人・農地プラン」等で位置づけされた担い手に農地を集約して貸付、有効活用できるようにします。

 農地の受け手である担い手等は、公的な機関が間に入ることにより安定的にまとめて農地を借りることができ経営規模拡大がはかれます。
 また新規参入者の方などもまとまった農地を借りることができます。

(事業推進について)
 本事業を進める上で重要な視点は、集落等の地域で、担い手への農地集積と集約化が図られるという将来の農地利用の姿を示していくことにあると考えています。
 機構から担い手へ農地を貸し付ける際は、機構が作成した「農用地利用配分計画」について県の認可が必要になります。県の認可の考え方では「地域の将来の農地利用の姿が見通せることを条件とする」とされています。
  ※県の認可の考え方 → 三重県における農地中間管理事業の推進について

(注意点)

・借り受ける農地は、農業振興地域内の耕作可能な農地に限ります。

・貸付先については、機構が行う公募に応募した担い手で、「人・農地プラン」などに配慮し担い手農家等の効率化や地域農業の発展を進めるため、農地の集積・集約化が進むように貸付先を決定します。
 そのため、出し手の方は貸付先の指定はできません。


・賃料については、原則金納としますが、出し手と受け手との合意が整った場合については、物納とすることができます。


(機構への農地貸付申込)


 申出書  様式第1号_農用地等貸付申出書(Excel形式:60KB)   
         
※平成29年9月25日、様式を変更しました。

 
上の申出書に記入例を参考に記入し、支援センターまで郵送もしくは持参または、支援センターの行う業務に協力することを受託した市町、JA等を通じて申し込んでください。

 
なお、本申出書の提出により、記載の農用地等について、当センターの農地中間管理事業による農地中間管理権の取得が決定されたものではありません。また、当センターが農地中間管理権を取得するまでの間は、自ら管理していただきます。



(借受希望者の公募)

  平成29年9月20日(水)〜10月19日(木)【第2回目】の公募は終了しました。

     次回【第3回目】の公募予定は、
       
平成30年1月22日(月)〜2月20日(火)です。


申込用紙 ※平成29年度より「借受申込書」の様式を変更しました。
   

     農用地等借受申込書(別記様式1号)     (Excel形式:33KB)

    
※希望する区域が書き切れない場合は、下記をご活用ください。
     農用地等借受申込書(別記様式1号) 別紙 (Excel形式:25KB)
    

 
 
上の申込書に記入例を参考に記入し、支援センターまで郵送もしくは持参または、公募区域内の支援センターの行う業務に協力することを受託した市町、JA等を通じて申し込んでください。


(公募結果)


 平成27年10月20日〜11月18日の結果(PDF:183KB)

 平成28年 5月20日 〜 6月20日の結果(PDF:152KB)

 平成28年 9月20日 〜10月19日の結果(PDF:255KB)

 平成29年 1月20日 〜 2月20日の結果(PDF: 52KB)

 平成29年 5月22日 〜 6月20日の結果(PDF: 25KB)

 平成29年 9月20日 〜 10月19日の結果(PDF:46KB)

参考資料等


 農地中間管理事業規程(PDF:338KB )

 農地中間管理機構リーフレット(PDF:483KB)

 農地中間管理事業における賃料(物納)に関する取扱要領(PDF:80KB)

   ・(様式第1号) 物納承諾書    (Excel:22KB)
   

Copyright(C)2014.4(公財)三重県農林水産支援センター. All rights reserved.